プロサイクリスト 伊藤雅和

シエルブルー鹿屋所属 選手兼監督 伊藤雅和のブログ ロードバイクに役立つ情報を発信していきます

トレーニング ブログ

乗り始め4週間目

投稿日:2022年5月15日 更新日:

ケガからの乗り始め4週間目。

擦過傷はやっと深いところも治り全快。

腰回りの骨と筋肉はまだ痛む。

自分の体幹トレーニングの一部がまだできないくらい痛む。

今週はチームの合宿。どれくらいまで走れるか。

 

5月9日

4時間の中でかなり厳しいインターバル。

自分が苦手としている高強度インターバル。

このトレーニングはケガをしていなくても負荷に入るか入らないかくらいなので当然負荷には入らなかった。これは想定内。

インターバルを行うタイミングがまた実践を想定していてかなり厳しいトレーニングになった。追い込めた。

 

5月10日

本日からチーム合宿。

ケガ以来久しぶりにチームのメンバーと会った。

4時間の練習の中で3本それぞれ10分の厳しいメニュー。

この負荷にこの時間入れたのは久しくなかったのでまた新たに身体に刺激が入った。チームメンバーと比べてもまだまだ走れない。

ただ現状が分かってよかった。

 

5月11日

4時間30分の練習。先頭の選手が決まった負荷で決まった時間踏む練習。

少し雨がちらつく中での練習になったので安全面には最大限気を付ける。

コースをある程度厳しいコース設定にする。

結果2800m up の練習となった。

最初は昨日の高強度の疲れからか身体が重かったが、走っているうちに徐々に身体の感覚も良くなり練習を終えれた。

良くなりと書いたがレースで戦えるレベルかといえば全くそのレベルではない。

トンネルで光が少しだけ見えた状態から変わりはない。

毎度毎度ネガティブな内容に聞こえるかもしれないけど、レースでライバルになりえる選手を思い浮かべて客観的に自分を見ることは大事。

その選手達に比べたらまだまだだ。

 

5月12日

1時間リカバリー

 

5月13日

鹿児島の雨がひどくZwiftでメニューすることに。

本日のメニューはローラーだと全ての負荷をかけることが難しいため(初速の負荷が自分はローラーでは出せない)その後の負荷をかけていく。

その負荷はローラーでも問題なく出せる。ただ余裕ではない。

気を抜くと負荷から落ちてしまう。

2時間以内のメニューならば雨だとローラー。

 

5月14日

この日の練習は終盤にかなりきついメニューが待っている。チーム合宿。

先頭を引く選手の負荷はそこまで高くない。

最後のメニューは本当に地獄だった。

結果3500m以上up の199kmの練習になった。

最後はクタクタという言葉がピッタリの状態になった。

何も残っていない。今週も追い込んだ。

 

5月15日

鹿児島県照葉樹の森サイクルジャンボリー。ヒルクライムレースに参戦。

9.9kmのヒルクライム。

前日までの練習で身体には何も残っていなかったが現地まで実走してヒルクライムして実走して帰る。

ヒルクライムは全く走れることなく上っただけで終了。

今週まとめ

合宿最初よりは最終日出し尽くせる感覚を持てて更に前進した。

身体の出来具合で行けばまだまだだけど下にはいっていない。

身体は時間をかけて丁寧に作っていくしかない。

いつもはオフを取る日曜日までしっかり乗ったので来週は週の2日間オフをとってまた集中してトレーニングしていこう。

-トレーニング, ブログ

執筆者:

関連記事

JBCF 東日本ロードクラシック群馬大会

久しぶりのレースでした。このような情勢の中様々な対策を施して開催されたレースでした。 開催に尽力してくれた方々に感謝してます。 チームとして3日間とも勝利を狙ってスタートしました。 初日は120km。 …

ヘルメットの大切さ

ロードレースをする上で落車はしたくないものですが、自分の意とはせずに落車をしてしまうことはあります。 今回はヘルメットがどれだけ大事か僕が見た落車で紹介しようと思います。   ヘルメットは必 …

2020年ありがとうございました

「分かって欲しい人が分かってくれればいいや」 なんの言葉かと言えば、僕はずっとこのように思って競技をしてきました。 今回は年の瀬にブログを始めるきっかけについて書こうと思い書きます。   分 …

今年活躍しそう、アレクサンドル・ウラソフ選手

先日ヨーロッパのレースを見ていて「ウオッ!!」とおもわず声が出てしまった瞬間がありました。 バレンシアナのレースを走っていたアレクサンドル・ウラソフ選手を見た瞬間です。 ウラソフ選手は昨年所属していた …

ロードバイク、ポジションの話 3~前乗りポジションにする為には~

最近流行り?の前乗りポジションを作るためにはどうしたらいいかを僕なりに考えてみました。 そういう僕はまだこれから書く乗り方が完全にできてはいません。 あとは身長や手足の長さも関係してくるので、手足が長 …

/*---フッターの固定ページ一覧の削除↓↓-----*/ .footermenust { display: none; } /*---フッターの固定ページ一覧の削除ここまで↑↑-----*/