プロサイクリスト 伊藤雅和

シエルブルー鹿屋 監督 伊藤雅和のブログ ロードバイクに役立つ情報を発信していきます

ブログ ポジション

プロ選手の身長、サドル高とハンドルまでの遠さを調べてみた

投稿日:2020年7月5日 更新日:

ヨーロッパで活躍する選手のポジション気になりませんか?

今回はプロ選手の、サドル高とサドルの先端からハンドルバー中心までの距離、クランク長を箇条書きで書いていきたいと思います。

僕がネットから調べたということで間違っている所もあるかもしれません。あくまで参考にという考えでよろしくお願いします。

まずサドル高の測り方はbb中心と呼ばれる場所からサドルの上面までです。僕が測ってる様子はこちらです→サドル高を測る

そしてサドル先端からハンドルバー中心とはここの距離のことです。

 

僕の場合は497mmとなります。(2020年12月現在は490mmになっています)

今回は2020年と2019年のシーズンのデータです。

175cm以下の選手達

まずは比較的日本人の平均身長と変わらない、もしくは近い175cm以下の選手達からです。

リッチー・ポート選手 身長172cm 2020年シーズン

  • サドル高 675.0mm
  • サドル先端からハンドルバーセンターまで 493.93mm
  • クランク長 170mm

ナイロ・キンタナ選手 167cm 2020年シーズン

  • サドル高 690mm
  • サドルトップからハンドルバーセンターまで 532mm
  • クランク長 172.5mm

エガン・ベルナル選手 175cm 2020年シーズン

  • サドル高 750mm
  • サドルトップからハンドルバーセンターまで 570mm
  • クランク長 170mm

ダニエル・マーティン選手 身長175cm 2020年シーズン

  • サドル高 760mm
  • サドルトップからハンドルバーセンターまで 547.7mm
  • クランク長 172.5mm

セルジオ・イギータ選手 身長166cm 2020年シーズン

  • サドル高 664mm
  • サドルトップからハンドルバーセンターまで 515mm
  • クランク長 170mm

カレブ・ユアン選手 165cm 2020年シーズン

  • サドル高 650mm
  • クランク長 170mm

リゴベルト・ウラン選手 173cm 2020年シーズン

  • サドル高717mm
  • サドルトップからハンドルバーセンターまで550mm
  • クランク長 170mm

アダム・イェーツ選手 172cm 2019年シーズン

  • サドル高 684mm
  • サドルトップからハンドルバーセンターまで 502mm
  • クランク長 170mm

リカルド・カラパス選手 170cm 2020年シーズン

  • サドル高 700mm
  • サドルトップからハンドルバーセンターまで 525mm
  • クランク長 170mm

レムコ・イヴェネプール選手 171cm 2020年シーズン

  • サドル高 700mm
  • サドルトップからハンドルバーセンターまで 521mm
  • クランク長 170mm

ドメニコ・ポッツォヴィーヴォ選手 165cm 2020年シーズン

  • サドル高 655mm
  • サドルトップからハンドルバーセンターまで 526mm
  • クランク長 170mm

175cm以上の選手達

プリモシュ・ログリッチ選手 177cm 2019年シーズン

  • サドル高 735mm
  • サドルトップからハンドルバーセンターまで 549.5mm
  • クランク長 172.5mm

クリス・フルーム選手 186cm 2020年シーズン

  • サドル高 795mm
  • サドルトップからハンドルバーセンターまで 610mm
  • クランク長 175mm

グレッグ・ヴァンアーヘルマート選手 181cm 2020年シーズン

  • サドル高 766mm
  • サドルトップからハンドルバーセンターまで 621.3mm
  • クランク長 172.5mm

ダリル・インピー選手 183cm 2020年シーズン

  • サドル高 770mm
  • サドルトップからハンドルバーセンターまで 600mm
  • クランク長 175mm

ペーター・サガン選手 184cm 2020年シーズン

  • サドル高 750mm
  • サドルトップからハンドルバーセンターまで 625.5mm
  • クランク長 172.5mm

ジョージ・ベネット選手 180cm 2020年シーズン

  • サドル高 745mm
  • サドルトップからハンドルバーセンターまで 570mm
  • クランク長 172.5mm

マキシミリヤン・シャッハマン選手 183cm  2020年シーズン

  • サドル高 780mm
  • サドルトップからハンドルバーセンターまで 582mm
  • クランク長 175mm

タデイ・ポガチャル選手 176cm 2020年シーズン

  • サドル高 735mm
  • サドルトップからハンドルバーセンターまで 570mmと580mm両方の情報アリ
  • クランク長 172.5mm

トーマス・デヘント選手 179cm 2020年シーズン

  • サドル高 735mm
  • サドルトップからハンドルバーセンターまで 563mm
  • クランク長 175mm

アルノー・デマール選手 181cm 2020年シーズン

  • サドル高 780mm
  • サドルトップからハンドルバーセンターまで 617mm
  • クランク長 172.5mm

ヴィンチェンツォ・ニバリ選手 180cm 2020年シーズン

  • サドル高 758mm
  • サドルトップからハンドルバーセンターまで 600mm
  • クランク長 172.5mm

正確にいうとサドル関係のポジションは身長より手足の長さの方が関係していると思います。しかし一応数値を知っていると参考になると思うので参考にしてみてください!

-ブログ, ポジション

執筆者:

関連記事

ステムを10mm短くしました

タイトルからも分かるようにステムを10mm短くしました。   昨年まで乗っていたプロトスと今年乗っているメラク 今年僕たち愛三工業レーシングチームはデローザのメラクに乗っています。 ちなみに …

シマノサドル、ターニックスを使用してみた

僕は以前にも書きましたが、シマノのファルコンというサドルを使っています。 しかし最近ターニックスというサドルを試してみたのでその感想を書いていきたいと思います。 まず愛三工業レーシングチームは株式会社 …

脚質、パンチャーについて

自転車ロードレースには「脚質」というものがあります。 脚質とはその人それぞれの得意な走り方、考え方を変えると役割のことをいいます。 「オールラウンダー」「スプリンター」「クライマー」「ルーラー」「パン …

努力の天才について考える

長くこのロードレースの世界に身を置いていると色々な選手がいるなと思います。 あ-この選手のストイックさは目を見張るものがあるな。自分にはできないな。 この選手、表では結構ふざけた感じのキャラだけど意外 …

今年活躍しそう、アレクサンドル・ウラソフ選手

先日ヨーロッパのレースを見ていて「ウオッ!!」とおもわず声が出てしまった瞬間がありました。 バレンシアナのレースを走っていたアレクサンドル・ウラソフ選手を見た瞬間です。 ウラソフ選手は昨年所属していた …

/*---フッターの固定ページ一覧の削除↓↓-----*/ .footermenust { display: none; } /*---フッターの固定ページ一覧の削除ここまで↑↑-----*/