プロサイクリスト 伊藤雅和

シエルブルー鹿屋所属 選手兼監督 伊藤雅和のブログ ロードバイクに役立つ情報を発信していきます

ブログ ポジション

2022 有名選手ポジション調べてみた

投稿日:

2022年シーズン有名選手のポジション調べてみました。

  • 使用フレーム サイズ
  • サドル高
  • サドル先端からハンドルバーセンターまで
  • ステム長
  • クランク長
  • サドル

最強チーム、ユンボ・ヴィスマから4人、残りは日本人の平均身長に近い選手達です。

ヨナス・ヴィンゲゴー選手 175cm

  • サーヴェロ R5 54cm
  • サドル高 735mm
  • サドル先端からハンドルバーセンターまで 555mm
  • ステム長 110mm
  • クランク長 172.5mm
  • サドル フィジーク アンタレス

プリモシュ・ログリッチ選手 177cm

  • サーヴェロ R5 51cm
  • サドル高 735mm
  • サドル先端からハンドルバーセンターまで 555mm
  • ステム長 120mm
  • クランク長 172.5mm
  • サドル フィジーク アンタレス

ワウト・ファンアールト選手 190cm

  • サーヴェロ R5 56cm
  • サドル高 790mm
  • サドル先端からハンドルバーセンターまで 620mm
  • ステム長 130mm
  • クランク長 172.5mm
  • サドル フィジーク アンタレス

クリストフ・ラポルト選手 189cm

  • サーヴェロ R5 56cm
  • サドル高 800mm
  • サドル先端からハンドルバーセンターまで 610mm
  • ステム長 120mm
  • クランク長 172.5mm
  • サドル フィジーク アンタレス

サイモン・イェーツ選手 172cm

  • ジャイアント TCR Advanced SL サイズXS
  • サドル高 675mm
  • サドル先端からハンドルバーセンターまで 558mm
  • ステム長 140mm
  • クランク長 170mm
  • サドル カデックス

セルジオ・イギータ選手 166cm

  • スペシャライズド ターマック SL7 49cm
  • サドル高 664mm
  • サドル先端からハンドルバーセンターまで 508mm
  • ステム長 110mm
  • クランク長 170mm
  • サドル スペシャライズド ローミン

リチャル・カラパス選手 170cm

  • ピナレロ ドグマ F 50cm
  • サドル高 706mm
  • サドル先端からハンドルバーセンターまで 525mm
  • ステム長 100mm
  • クランク長 170mm
  • サドル フィジーク アンタレス

トーマス・ピッドコック選手 170cm

  • ピナレロ ドグマ F 50cm
  • サドル高 710mm
  • サドル先端からハンドルバーセンターまで 535mm
  • ステム長 110mm
  • クランク長 170mm
  • フィジーク アンタレス

ゲラント・トーマス選手 183cm

  • ピナレロ ドグマ F 54cm
  • サドル高 787mm
  • サドル先端からハンドルバーセンターまで 584mm
  • ステム長 130mm
  • クランク長 175mm
  • フィジーク アリオネ

-ブログ, ポジション

執筆者:

関連記事

自転車ロードレースのチームカテゴリー

自転車ロードレースには世界的にチームのランクがあります。 「UCIワールドチーム」(少し前まではプロツアーチームと呼ばれてました)「UCIプロチーム」(去年まではプロコンチネンタルチームと呼ばれてまし …

クリート位置を試した結果

2020年シーズンが終わりました。 今年はこのような社会情勢だったので、レースカレンダーもかなりイレギュラーなものになってしまい、1月~6月までの間は毎年に比べてレース数がかなり少なくなってしまいまし …

ストレッチを止めた理由

日々の身体のケアは皆さんどのように行っていますか? 僕は現在、ストレッチなどは長い時間行わずに(行わない日もある)大半の時間をスキンストレッチドルフィンという器具でケアしています。 スキンストレッチド …

雨の日の練習で気を付けていること

梅雨の季節に入り、雨が続き、そんな時でもモチベーションの高い時などでは、雨の日でも練習に行くこともあるかと思います。 そんな雨の日に僕が気を付けていることを紹介しようと思います。   落車し …

ロードバイク、ポジションの話 1~試行錯誤してみること~

自転車ロードレースにおけるバイクポジションとはなんとも複雑で難しいものです。 しかしそれを楽しむことができればもっと自転車を楽しめるのではないかと僕は思います。 ロードバイクを乗っている人ならほぼ誰し …

/*---フッターの固定ページ一覧の削除↓↓-----*/ .footermenust { display: none; } /*---フッターの固定ページ一覧の削除ここまで↑↑-----*/