プロサイクリスト 伊藤雅和

シエルブルー鹿屋所属 選手兼監督 伊藤雅和のブログ ロードバイクに役立つ情報を発信していきます

ブログ ポジション

ぱっと見の話

投稿日:

今年のツールドフランス面白かったですよね。

個人的にはこれまで見た中で最も面白かったツールドフランスでした。

Embed from Getty Images

↑↑

このシーン激アツでしたよね。

主役は絶対的王者、2大会連続の総合優勝中のタデイ・ポガチャル選手(以下敬称略)と今大会最強チームを従えての前回大会2位のヨナス・ヴィンゲゴー選手(以下敬称略)

二人の総合争いを軸に展開が目まぐるしく動くエキサイティングしっぱなしの大会でした。

そんな二人のライディングフォームはぱっと見、対称的。

あくまでぱっと見。皆さんはどう思いますか?

 

ヨナス・ヴィンゲゴー

強靭な上半身からパワーを出力し脚に伝達する上半身主動のペダリング。

ペダリングするたびに強靭な上半身でパワーを受け止めているといっても良いかもしれない。

Embed from Getty Images

横からヴィンゲゴーを見れば分かりますが、上半身の発達、分厚さはポガチャルより凄いです。

Embed from Getty Images

ポガチャルに比べるとアップライドで上半身が起きていますよね。上半身を立てるほど体幹に力は入りますが、脚が前に出づらくなるのでそこのバランスがどうなっているか気になります。

ヴィンゲゴーのような上半身主動のペダリングは珍しく、日本人ではなかなか真似ができないのではないかと思います。

日本では強靭な上半身を持ってそうな選手を見たことがありません。下半身の方が発達しています。

 

タデイ・ポガチャル

ポガチャルは全身駆動型です。バランスよく身体も発達しています。

まずは脚と腕(主に脚)で踏み込んで上半身全体がバネのように小刻みに跳ねながらパワーを繰り出しているように見えます。

ヴィンゲゴーがパワーを体幹部分で受け止めているように見えるのに対し、ポガチャルは身体全体でパワーを受け止めています。身体の揺れ方が2人が微妙に違うことからもそのように見えます。

スプリントが強いのも身体全体を素早く強靭なバネのように動かせているからだと思います。

今年ポガチャルが失速した時には上半身の跳ねが少なくなっていました。跳ねるというより揺れる感じでした。

11ステージで失速した時にはさすがに下半身主動でしたね。

 

あくまでぱっと見の話。

Embed from Getty Images

来年も2人の戦いが楽しみ。

 

-ブログ, ポジション

執筆者:

関連記事

「逃げ」とは 3 ~僕が経験した「逃げ」のエピソード~

自転車ロードレースにおける「逃げ」とは複雑なもので、僕も高校生の頃などは全く理解できてなかったです。 チームとして走るようになった大学時代、選手になってから徐々に理解できたものでした。 複雑なので数回 …

暑いときに僕が意外と困っていること

毎日、毎日物凄く暑い日々が続いている夏です。 この暑さだと練習も通常期より負荷を落とさざるおえないくらいの身体への負担になってしまっています。 夏の暑い時に困ることは、練習の負荷を落とさざるおえないこ …

参考にしやすそうなプロツアー選手は誰なのかランキング 1

今回は僕が映像を見ていて乗り方が真似しやすそうな選手を勝手に決めて、ランキング形式で書いてみようと思います。   日本人の平均身長に近い選手達 日本人男性の平均身長は年代別で違いますが、20 …

プロ選手の身長、サドル高とハンドルまでの遠さを調べてみた

ヨーロッパで活躍する選手のポジション気になりませんか? 今回はプロ選手の、サドル高とサドルの先端からハンドルバー中心までの距離、クランク長を箇条書きで書いていきたいと思います。 僕がネットから調べたと …

ハンドル幅を考える 3~適正のハンドルを見つける~

ハンドルには様々な形、幅があり自分に合った探し、使います。 自分は特に形にはこだわりませんが、幅は400mm程ないとうまく走れません。 前回は380mmを使ってうまくいかなかったことを書きました→ハン …

/*---フッターの固定ページ一覧の削除↓↓-----*/ .footermenust { display: none; } /*---フッターの固定ページ一覧の削除ここまで↑↑-----*/