プロサイクリスト 伊藤雅和

シエルブルー鹿屋所属 選手兼監督 伊藤雅和のブログ ロードバイクに役立つ情報を発信していきます

ブログ ポジション

ログリッチ選手、カラパス選手のポジション

投稿日:2020年11月18日 更新日:

ブエルタ・エスパーニャ2020が終わりました。観戦していてとても面白いレースで観ていてドキドキしました。

総合争いは1位のプリモシュ・ログリッチ選手と2位のリチャル・カラパス選手が最後は秒差の勝負になって、手に汗握る展開でした。

ボーナスタイムがなければリチャル・カラパス選手が総合優勝をしていたらしいですね。

今回はその大接戦を演じた2人のポジションを調べてみました。

Embed from Getty Images

 

プリモシュ・ログリッチ選手 

Embed from Getty Images

1989年 10月29日 31歳

身長 177cm

体重 65kg

2020年主な戦績

スロベニア選手権ロードレース 1位

スロベニア選手権タイムトライアル 1位

ツールド・ラン

  • 第1ステージ 2位
  • 第2ステージ 優勝
  • 第3ステージ 優勝
  • 総合 1位
  • ポイント総合 1位
  • 山岳総合ポイント 2位

クリテリウム・ドゥ・ドーフィネ

  • 第2ステージ 優勝
  • 第3ステージ 2位

ツール・ド・フランス

  • 第4ステージ 優勝
  • 第9ステージ 2位
  • 第15ステージ 2位
  • 第17ステージ 2位
  • 総合2位
  • 山岳総合ポイント 2位

世界選手権 6位

リエージュ・バストーニュ・リエージュ 1位

ブエルタ・エスパーニャ

  • 第1ステージ 優勝
  • 第2ステージ 2位
  • 第3ステージ 2位
  • 第8ステージ 優勝
  • 第10ステージ 優勝
  • 第13ステージ 優勝
  • 第16ステージ 2位
  • 総合1位
  • 総合ポイント 1位

物凄い成績です。2020年UCIランキング1位です。

 

プリモシュ・ログリッチ選手のポジション

2019年データ

2020年は見つけられませんでした。ただ見た感じでは身体の動き方は2019年と2020年で大きな違いは見られませんでした。

身長:177cm

仕様バイク:ビアンキ オルトレXR4

バイクサイズ:53

サドル高:735mm

サドルトップからハンドルバーまで:549.5mmと560mmの情報あり

ステム長:110mm

クランク長:172.5mm

ハンドル幅:400mm

 

リチャル・カラパス選手

Embed from Getty Images

1993年 5月29日 27歳

身長:170cm

体重:62kg

2020年主な成績

ツール・ド・ポローニュ

  • 第3ステージ 優勝

ツール・ド・フランス

  • 第16ステージ 2位
  • 第18ステージ 2位
  • 山岳賞 2位

ブエルタ・エスパーニャ

  • 第1ステージ 2位
  • 第3ステージ 3位
  • 第8ステージ 2位
  • 総合 2位
  • 総合ポイント 2位
  • 総合山岳ポイント 3位

 

リチャル・カラパス選手のポジション

2020年データ

身長:170cm

仕様バイク:ピナレロ ドグマF12

バイクサイズ:50

サドル高:700mm

サドルトップからハンドルバーまで:525mm

ステム長:2020年データなし 2019年100mm

クランク長:170mm

ハンドル幅:2020年データなし 2019年390mm

 

以上2人のポジションでした!ただ正確かは分かりません。

見ていて乗り方は2人全然違います。

ブエルタを観ていて僕が意外だと思ったのはカラパス選手のTTの速さでした。そして調べてみると体重も思ったより重かったです。

 

Embed from Getty Images

-ブログ, ポジション

執筆者:

関連記事

クリート位置を動かして、身体の動きをみてみる

最近クリート位置を色々動かしてどのように身体が動くかを研究しています。   クリートの向き 僕はクリートをクランクに対して真っ直ぐつけています。 そして左右対称につけています。 クリートを真 …

JBCF 東日本ロードクラシック群馬大会

久しぶりのレースでした。このような情勢の中様々な対策を施して開催されたレースでした。 開催に尽力してくれた方々に感謝してます。 チームとして3日間とも勝利を狙ってスタートしました。 初日は120km。 …

パワーはあればあるほど良いという話

パワーは大事か、パワーメーターはいらないという話がたまに出てくることがあります。 そのような話が出た時は自分は理論の余地もなく大事、必要と答えます。 自分はもっと若いうちからパワーメーターを使って管理 …

ランニングを行っていた時の話

オフトレにランニングを結構本気でやっていたことがあります。 どれぐらい本気でやっていたかというとオフトレが始まり、まずジョギングから始めて、日が経つ度に徐々に負荷を上げていき、最後は自転車と同じように …

アシスト選手のレース2019年シーズン(初戦コロンビア)

2019年のレースは中根選手をアシストしてほしいとチームから言われて、自分なりにストイックに準備をしました。 前回の準備編の記事はこちらです→アシスト選手の準備~2019年シーズンの自分~ 今回はレー …

/*---フッターの固定ページ一覧の削除↓↓-----*/ .footermenust { display: none; } /*---フッターの固定ページ一覧の削除ここまで↑↑-----*/