プロサイクリスト 伊藤雅和

シエルブルー鹿屋 監督 伊藤雅和のブログ ロードバイクに役立つ情報を発信していきます

ブログ 機材

GP5000(グランプリ5000)

投稿日:

photo Kanako Takizawa

GP5000(グランプリ5000)を1年間使用して思ったことはとにかく良いタイヤでした。


これまでの選手生活では

練習=クリンチャータイヤ

レース=チューブラータイヤ

でしたが、GP5000と出会って初めてレースでもクリンチャータイヤを進んで装着するようになりました。

もうこれが全てです。

選手は使用できるアイテムが限られています。

身体に身につけるもの、自転車本体、自転車に取り付けるもの。

ほとんどスポンサー様からの提供です。

例えばコレより良いものは世の中にあると言われているからコレは使わないということはできません。

レースで使うものはチームに所属していて使用できる最も良いものを選びます。

過去にはクリンチャータイヤからチューブラータイヤに切り替えた時に感動するくらい走りが軽くなった経験もあります。

そんな中レースでも使用できるクリンチャータイヤに出会ったのはGP5000が初めてでした。

使ってみればその走りの軽さとグリップの良さが分かると思います。

とにかく長々自分が文章を書く必要はないタイヤです。

性能は間違いないので迷ったら試してみてほしいタイヤです。

ちなみにコンチネンタルタイヤはチューブラータイヤもかなり良いです。世界のワールドツアーチームもコンチネンタルのチューブラータイヤを多くのチームが好んで使っています。

GP5000使用期間2年。走りを支えてくれてありがとうございました。



CONTINENTAL ( コンチネンタル ) 販売価格 9,020円(税込) → 6,483円(税込) 28%OFF


・LAZER GRIP:トレッド面にレーザーを照射し、タイヤの表面に細かな溝を刻みサイドグリップを強化

・ACTIVE COMFORT:ケーシング製法を見直すことでよりしなやかな乗り心地と軽さを実現。振動吸収性に優れ、ライド時の疲労を軽減

・Vectran BREAKER:製法を根本から見直し、高密度でしなやかなケーシングを形成。従来よりも広い範囲を覆うことで耐パンク性能が向上し、レースや出先でのリスクを回避

・クリンチャー

・重量:220g

・ケーシング:330TPI

-ブログ, 機材

執筆者:

関連記事

輪行はどのように行っているのか

ロードバイクに乗っていて、レースや合宿に行く為に飛行機を使う時には自転車も持っていかないといけません。 その際、輪行と呼ばれるパッキングをします。   輪行する前に必ず自転車を洗う まず輪行 …

ケガ明け乗り始め2週間目

先週は膝が痛くなることが多く、満足に乗ることができなかった為、今週のメニューに対して、筋力が足りるか不安なまま月曜日のインターバルから練習に入った。 擦過傷はお尻の一部以外は完治。 強い打撲による骨の …

雨のレースにオススメ~【イナーメ・スポーツアロマ】レインジェル~

ロードバイクで雨の日に走ると気温によってはかなり冷えることがあります。 僕の経験上、気温が20℃を切らなければ雨の中ある程度の時間軽装で走っても冷えることはあまりないのではないかと思います。 20℃を …

プロサイクリストとは

プロサイクリストはどのようにして生計をたてているのか?その「プロ」とは何かを自分なりに考えてみました。 以下は、自分自身の考えであって、これが正しい・間違いだ!など深く考えないで、目を通して下さい。 …

プロ選手の身長、サドル高とハンドルまでの遠さを調べてみた

ヨーロッパで活躍する選手のポジション気になりませんか? 今回はプロ選手の、サドル高とサドルの先端からハンドルバー中心までの距離、クランク長を箇条書きで書いていきたいと思います。 僕がネットから調べたと …

/*---フッターの固定ページ一覧の削除↓↓-----*/ .footermenust { display: none; } /*---フッターの固定ページ一覧の削除ここまで↑↑-----*/