プロサイクリスト 伊藤雅和

愛三工業レーシング所属 伊藤雅和のブログ

ブログ 機材

タイヤ交換した距離(CONTINENTAL)

投稿日:2020年6月14日 更新日:

愛三工業レーシングチームが使用しているタイヤはCONTINENTAL(コンチネンタル)というメーカーのタイヤです。
ミズタニ自転車株式会社様よりCONTINENTALを供給してもらい使用しています。

僕らは練習でCONTINENTAL GP5000(コンチネンタル グランプリ5000)25mmというタイヤを使用しています。

今回はタイヤを交換したのでその距離を書いていきたいと思います。

タイヤは安全に自転車を走るという上で欠かせないアイテムになっています。前にも述べましたが、タイヤが違うだけで落車リスクを減らせるなら、少し値が張っても良いものを使った方が良いと思いませんか?
ということに僕はなってくると思います。

僕は体重61kg、62kgでコンチネンタル グランプリ5000 25mmを約6000km走って交換しました。空気圧は6.5~7入れています。
そしてこれは後輪のみの交換で、前輪はまだ使用できています。
自転車は後輪駆動なので後輪の方がタイヤの減りが早いです。
僕はこの限界の距離を知りたかったので行いませんでしたが、もっと距離を走らないうちに前輪と後輪のタイヤを変えていればもっと距離を走れたはずです。
この間の約6000kmでパンクした回数はなんと0回です。路面がずっと綺麗な道を走り続けてる訳ではなく、路面がボコボコとしているような道も走っています。
そして前輪のパンクも0回です。

凄くグリップ(路面とタイヤが接地している)も良く、滑らず、パンクもしないタイヤは珍しいのではないでしょうか。
6000km走った感覚で走りも軽く、本当にストレスがないタイヤです。

6000kmという数字が良いのか悪いのかは僕は分かりませんが、安全を買う上では悪くない数字だと僕は思います。

ただどんなに性能の良いタイヤでも、路面に油が浮いていたり、砂利にホイールを取られてしまったり、雨の日の側溝やマンホールなどはどうしても滑ってしまうので、そこは自分自身でしっかり気を付けていかないといけないと思います。

ちなみに6000キロ走ったらタイヤがこのような状態になり、もうこれ以上距離を攻めたらパンクするリスクが高くなってしまうと判断し、交換にいたりました。


今回は僕の走った距離、強度、コースがあってここのタイミングでの交換でしたが、人それぞれ交換の距離は違うと思います。

チーム全員、このタイヤは気に入って使っているので、皆さん是非試してみて下さい!

-ブログ, 機材

執筆者:

関連記事

現代で根性論は必要か

現代のロードレースは年々科学的になっており、10年前より5年前よりレースのスピード、強度も上がっていると思われます。 根性は必要かということで結論から言うと自転車に根性は絶対必要です。 今の自転車ロー …

大分いこいの道クリテリウム、大分サイクルロードレース

Jプロツアー おおいた いこいの道クリテリウム、おおいたサイクルロードレースを走ってきました。 僕の目線から見たレースレポートです。 10月3日に、おおいた いこいの道クリテリウム。 10月4日に、お …

脚質、スプリンターについて

自転車ロードレースには「脚質」というものがあります。 脚質とはその人それぞれの得意な走り方、考え方を変えると役割のことをいいます。 「オールラウンダー」「スプリンター」「クライマー」「ルーラー」「パン …

「逃げ」とは 2 ~「逃げ」とはどのように形成されるか~

「逃げ」とはどのように形成されるのか。 大抵の場合レースで1番主導権を握りそうなチーム(力のあるチーム)、もしくは握っているチームが「逃げ」を選別して形成させます。 主導権を持っているチームは集団内で …

脚質、パンチャーについて

自転車ロードレースには「脚質」というものがあります。 脚質とはその人それぞれの得意な走り方、考え方を変えると役割のことをいいます。 「オールラウンダー」「スプリンター」「クライマー」「ルーラー」「パン …

/*---フッターの固定ページ一覧の削除↓↓-----*/ .footermenust { display: none; } /*---フッターの固定ページ一覧の削除ここまで↑↑-----*/