プロサイクリスト 伊藤雅和

愛三工業レーシング所属 伊藤雅和のブログ

ブログ 機材

ハンドル幅を考える 2~適正より狭いハンドルを使った場合~

投稿日:2020年6月21日 更新日:

ハンドルは幅、形など数ある中から自分に合うハンドルを見つけていきます。

僕はハンドルを選ぶ際には幅を大事にしています。前回記事→ハンドル幅を考える 1

今回は僕がハンドル幅380mmを2年使って合わなかったという話をします。

僕は今ブラケット部分の真ん中と真ん中を測って400mmのハンドルを使っています。

まず画像を見てください。
これが僕が380mm幅のハンドルを使っている時の写真です。

次にこれが400mm幅のハンドルを使っている時の写真です。

380mmを使っている時は肩が窮屈で、ハンドルをうまく押さえることができていませんでした。
その為上半身が上手く使えずに、下半身が比較的疲れていました。
自転車は脚で漕いでいますが全身運動なので上半身も上手く使わないと速く走れません。
僕の感覚ですが、体重をかけて走る時は上半身をしっかり固定して上から下に向けて体重をかけていきます。
肩から背中、腰、お腹、そして脚で体重を伝えていく感覚です。
この時肩が窮屈だと上半身全体の重心が上に上がってしまい体重を下にうまく押さえることができませんでした。

特に背中とお腹の筋肉が上手く使えない感覚でした。使おうとして上体が左右に振れますが、うまく使えてる感覚はありませんでした。
座って漕いでいる(シッティング)時はハンドルを引くという動作がしにくい感覚がありました。
メリットとしてはハンドル幅が狭い分空気抵抗は広い時より小さいです。
空気抵抗を考えた時に身体を小さくしやすいです。
集団走行している時、ハンドルが広いときより小さい隙間で集団内を通り抜けできたりします。

特に僕には380mmが狭いなと感じた時は立ち漕ぎ(ダンシング)している時です。


腕の幅が上半身より狭くなってしまっているので体重をうまくペダルにのせることができませんでした。
上りなどでダンシングして上半身を上手く使い、脚を休ませることがあるのですが、これが凄くできにくかったです。
ハンドルを引くという動作も小さくなってしまっている感覚でした。
インターバルを行う時も1本目は速いのですが、本数を重ねる度に広いハンドルの時より強度が落ちやすかったです。
抵抗が少ない分速いのですが、僕の場合はですが、動作が小さくなってしまい筋肉を広く使えないので、疲れやすかったです。ダンシング時に上体を上手く使え、ハンドルを上手に引けている時は肩が少しだけ下がります。



僕は2年間試して、2年目が終わって1ヶ月のオフシーズンで身体がリセットされ、また乗り始めた時に380mmを使ったら身体が気持ち悪すぎたので、次のシーズンから400mmのハンドルに変えてもらいました。
しばらく乗らない期間があって久しぶりに自転車に乗った時の感覚は物凄い大事だと思います。
それが自分の身体に合うか合わないかが分かりやすいからです。



次は400mmを使って変わったこと、どのようにハンドル幅を選ぶかなどを書いていきます。

-ブログ, 機材

執筆者:

関連記事

輪行はどのように行っているのか

ロードバイクに乗っていて、レースや合宿に行く為に飛行機を使う時には自転車も持っていかないといけません。 その際、輪行と呼ばれるパッキングをします。 まず輪行をする前に必ず自転車を洗います。 これは汚い …

シマノシューズにシマノクリートを簡単に正確に取り付ける

シマノのシューズにシマノクリートをつける時に僕が行っている付け方を紹介します。 以前にクリートの調整を紹介しましたが、今回はシマノのシューズに印通りに真っ直ぐシマノクリートを取り付けるやり方を紹介しま …

サドル高を測る

「ポジション」はロードバイクを乗るに当たって物凄く大事なことだと思ってます。 いくら練習してもその人にとって正しい乗り方で乗れていないと速く走るのに多くの力を使わなければなりません。 そこで大事なこと …

自転車ロードレースとは

自転車ロードレースという競技を知らない方もいるかもしれないので、まずは僕なりに説明・解説しようと思います。 ロードレースとは「ロードバイク」と呼ばれる速く走る為・スピードを出すことに特化された自転車で …

クリート位置を動かして、身体の動きをみてみる

最近クリート位置を色々動かしてどのように身体が動くかを研究しています。 僕はクリートをクランクに対して真っ直ぐつけています。 そして左右対称につけています。 クリートを真っ直ぐつけている理由は、自転車 …

/*---フッターの固定ページ一覧の削除↓↓-----*/ .footermenust { display: none; } /*---フッターの固定ページ一覧の削除ここまで↑↑-----*/