プロサイクリスト 伊藤雅和

シエルブルー鹿屋 監督 伊藤雅和のブログ ロードバイクに役立つ情報を発信していきます

ブログ ポジション

プロ選手の身長、サドル高とハンドルまでの遠さを調べてみた

投稿日:2020年7月5日 更新日:

ヨーロッパで活躍する選手のポジション気になりませんか?

今回はプロ選手の、サドル高とサドルの先端からハンドルバー中心までの距離、クランク長を箇条書きで書いていきたいと思います。

僕がネットから調べたということで間違っている所もあるかもしれません。あくまで参考にという考えでよろしくお願いします。

まずサドル高の測り方はbb中心と呼ばれる場所からサドルの上面までです。僕が測ってる様子はこちらです→サドル高を測る

そしてサドル先端からハンドルバー中心とはここの距離のことです。

 

僕の場合は497mmとなります。(2020年12月現在は490mmになっています)

今回は2020年と2019年のシーズンのデータです。

175cm以下の選手達

まずは比較的日本人の平均身長と変わらない、もしくは近い175cm以下の選手達からです。

リッチー・ポート選手 身長172cm 2020年シーズン

  • サドル高 675.0mm
  • サドル先端からハンドルバーセンターまで 493.93mm
  • クランク長 170mm

ナイロ・キンタナ選手 167cm 2020年シーズン

  • サドル高 690mm
  • サドルトップからハンドルバーセンターまで 532mm
  • クランク長 172.5mm

エガン・ベルナル選手 175cm 2020年シーズン

  • サドル高 750mm
  • サドルトップからハンドルバーセンターまで 570mm
  • クランク長 170mm

ダニエル・マーティン選手 身長175cm 2020年シーズン

  • サドル高 760mm
  • サドルトップからハンドルバーセンターまで 547.7mm
  • クランク長 172.5mm

セルジオ・イギータ選手 身長166cm 2020年シーズン

  • サドル高 664mm
  • サドルトップからハンドルバーセンターまで 515mm
  • クランク長 170mm

カレブ・ユアン選手 165cm 2020年シーズン

  • サドル高 650mm
  • クランク長 170mm

リゴベルト・ウラン選手 173cm 2020年シーズン

  • サドル高717mm
  • サドルトップからハンドルバーセンターまで550mm
  • クランク長 170mm

アダム・イェーツ選手 172cm 2019年シーズン

  • サドル高 684mm
  • サドルトップからハンドルバーセンターまで 502mm
  • クランク長 170mm

リカルド・カラパス選手 170cm 2020年シーズン

  • サドル高 700mm
  • サドルトップからハンドルバーセンターまで 525mm
  • クランク長 170mm

レムコ・イヴェネプール選手 171cm 2020年シーズン

  • サドル高 700mm
  • サドルトップからハンドルバーセンターまで 521mm
  • クランク長 170mm

ドメニコ・ポッツォヴィーヴォ選手 165cm 2020年シーズン

  • サドル高 655mm
  • サドルトップからハンドルバーセンターまで 526mm
  • クランク長 170mm

175cm以上の選手達

プリモシュ・ログリッチ選手 177cm 2019年シーズン

  • サドル高 735mm
  • サドルトップからハンドルバーセンターまで 549.5mm
  • クランク長 172.5mm

クリス・フルーム選手 186cm 2020年シーズン

  • サドル高 795mm
  • サドルトップからハンドルバーセンターまで 610mm
  • クランク長 175mm

グレッグ・ヴァンアーヘルマート選手 181cm 2020年シーズン

  • サドル高 766mm
  • サドルトップからハンドルバーセンターまで 621.3mm
  • クランク長 172.5mm

ダリル・インピー選手 183cm 2020年シーズン

  • サドル高 770mm
  • サドルトップからハンドルバーセンターまで 600mm
  • クランク長 175mm

ペーター・サガン選手 184cm 2020年シーズン

  • サドル高 750mm
  • サドルトップからハンドルバーセンターまで 625.5mm
  • クランク長 172.5mm

ジョージ・ベネット選手 180cm 2020年シーズン

  • サドル高 745mm
  • サドルトップからハンドルバーセンターまで 570mm
  • クランク長 172.5mm

マキシミリヤン・シャッハマン選手 183cm  2020年シーズン

  • サドル高 780mm
  • サドルトップからハンドルバーセンターまで 582mm
  • クランク長 175mm

タデイ・ポガチャル選手 176cm 2020年シーズン

  • サドル高 735mm
  • サドルトップからハンドルバーセンターまで 570mmと580mm両方の情報アリ
  • クランク長 172.5mm

トーマス・デヘント選手 179cm 2020年シーズン

  • サドル高 735mm
  • サドルトップからハンドルバーセンターまで 563mm
  • クランク長 175mm

アルノー・デマール選手 181cm 2020年シーズン

  • サドル高 780mm
  • サドルトップからハンドルバーセンターまで 617mm
  • クランク長 172.5mm

ヴィンチェンツォ・ニバリ選手 180cm 2020年シーズン

  • サドル高 758mm
  • サドルトップからハンドルバーセンターまで 600mm
  • クランク長 172.5mm

正確にいうとサドル関係のポジションは身長より手足の長さの方が関係していると思います。しかし一応数値を知っていると参考になると思うので参考にしてみてください!

-ブログ, ポジション

執筆者:

関連記事

参考にしたいチーム

photo Itaru Mitsui 今回はあくまで個人的な意見として、ポジションを参考にしたいワールドツアーチーム、このチームは少し参考にしづらいなということを2021シーズンのレースを見て思ったこ …

ダンシングが上手にできない

踊る方は苦手です。 立ちこぎのダンシングは比較的得意です。伊藤です。 ロードバイク乗りの方と話をしている時にダンシングが苦手という方結構います。 ダンシングを上手にするのにコツがあるでしょうか。 考え …

プロサイクリストとは

プロサイクリストはどのようにして生計をたてているのか?その「プロ」とは何かを自分なりに考えてみました。 以下は、自分自身の考えであって、これが正しい・間違いだ!など深く考えないで、目を通して下さい。 …

寒くて倒れそうだったレース

現在行われているブエルタ・エスパーニャ2020。スペインでこの時期だと雨が降るととても寒そうです。 寒さはレースを過酷にする要素の1つです。 僕は仕事として選手生活を10年、大学の頃から合わせるとアジ …

クリート位置を試した結果

2020年シーズンが終わりました。 今年はこのような社会情勢だったので、レースカレンダーもかなりイレギュラーなものになってしまい、1月~6月までの間は毎年に比べてレース数がかなり少なくなってしまいまし …

/*---フッターの固定ページ一覧の削除↓↓-----*/ .footermenust { display: none; } /*---フッターの固定ページ一覧の削除ここまで↑↑-----*/