プロサイクリスト 伊藤雅和

愛三工業レーシング所属 伊藤雅和のブログ

ブログ 機材

ロードバイク、靴下を選ぶ(defeet ソックス)

投稿日:2020年7月3日 更新日:

普段練習やレースで履くソックス。皆さんはどこのメーカーのソックスを使用していますか?

僕が所属している愛三工業レーシングチームミズタニ自転車株式会社様よりdefeet(ディフィート)のソックスを提供してもらっています。

普段生活していてソックスは洋服の中でも目立つ存在ではありませんが、自転車に乗っている時ソックスは想像以上に目立ちます。

練習やレースに行くとき、チームのウェア、お気に入りのウェア、その日の気分のウェアを着て練習に行くと思います。

シューズは毎日変えられないけど、ソックスは沢山種類がある中から選んで購入すれば、毎日変えることができます。

僕はその日の気分でソックスを変え、気分転換してかなり楽しんでいます。

defeet(ディフィート)の靴下はおしゃれ心をくすぐってきます。

なぜならデザインの豊富さが凄いです。毎シーズン200種類ものカラーラインナップと種類が存在するみたいです。

僕ら愛三工業レーシングチームは今年、靴下を一人一人が選び、オーダーしてそれぞれが別々のデザインのものを持っています。

僕はこの中から好きなデザインを選ぶ時凄くワクワクしてしまいました。

僕は7種類の「柄ものソックス」と空気抵抗が考えられてある「エアロソックス」を色違いで3色オーダーしました。

 

柄ものソックスから紹介していきます。商品の名前は「AIREATOR」です。

DeFeet(ディフィート) AI 6″ Craze Sulpher Springs ソックス [ハイビズイエロー/レッド/オレンジ S(23-24.5cm)] AIRTCRZYW101
AIRTCRZYW
Aireator 6”
Craze (Sulpher Springs/ Hi-Vis
Yellow/ Red/ Orange

 

AIRTICE
Aireator 6”
iSCREAM (White/Brown/Pink)

 


DeFeet(ディフィート) AI 6″ ソックス [Sushi] S(23-24.5cm) AIRTSUSHI101

AIRTSUSHI
Aireator 6”
Sushi (Hi-Vis Pink)

 

AIRTOMHVONVY
Aireator 6”
Ombre (Hi-Vis Orange/Navy)

 


DeFeet(ディフィート) AI 6″ THE WALL Navy/Orange HBMWALLNVOR301 ネイビー L
AIRTOMBLKCEL
Aireator 6”
Sailor (Black/Celeste)

 

AIRTPIXNVPB
Aireator 6”
Pixel (Navy w/ Process Blue
and Hi-Vis Pink)

 


DeFeet(ディフィート) AI 6″ ソックス [Doughnut (Light Navy/Celeste) L(27.5-29.5cm)] AIR6DOUGHLTNVY301
AIR6DOUGHLTNVY
Aireator 6”
Doughnut (Lt Navy/Celeste)

可愛くないですか?7足あるので、1週間毎日違う柄を履けます。

僕が選んだ食べ物シリーズのお寿司、アイス、ドーナツのソックスを履いた日には、子供もかなりの好反応を示してくれて嬉しくなります。

勿論ですが履き心地も極めて良いです。通気性、速乾性、フィット感としっかり作られていてストレスは全くありません。



僕は靴下をある程度の期間履いたりすると、右足の親指爪部分に穴が空きやすいのですが、そんな様子も全く見られません。今年から使い初めて靴下の生地が伸びたり、フィット感が落ちている感覚もありませんので、耐久性も良いと思われます。

そして色褪せない。これはなぜなのか正直分かりません。普通は色が鮮やかだと色褪せも早くにしていくものです。

次にエアロソックスです。EVO-DISRUPTORという商品です。

このEVO-DISRUPTORはなんと時速48kmで走った場合8wの空気抵抗軽減がされるそうです。

こちらがミズタニ自転車株式会社様、サイト内記事です→EVO-DISRUPTOR

8wって地味に凄くないですか?限界のところから8w軽減されたらかなり嬉しいです。

レースでその効果を存分に感じたいので、正直このEVO-DISRUPTORはまだ回数を多く履いてはいません。レースでの効果を楽しみにしています。

ただAIREATORと同じく、通気性、速乾性、フィット感と全くストレスは感じません。

DeFeet(ディフィート) EVO DISRUPTOR ソックス [Black L(27.5-29.5cm)] EVODISRUPTORBLK301

DeFeet(ディフィート) EVO DISRUPTOR ソックス [Yellow S(23-24.5cm)] EVODISRUPTORHVY101


DeFeet(ディフィート) EVO DISRUPTOR ソックス [White L(27.5-29.5cm)] EVODISRUPTORWHT301

どうでしたか?今回は完全な紹介の記事になってしまいましたが、僕はこのソックス達を本当に気に入って使っているので記事を書いてて、紹介できて楽しかったです。お世辞抜きでソックス選びで毎日遊べて楽しいです。切実にもっと色々なデザインが欲しいです。

僕のチームメートの貝原選手はこのdefeetソックスのデザインをかなり気に入っているようで、マレーシア遠征でレース以外の生活の時や移動の時も履いていました。

靴下の値段としては安いものではないと思いますが、性能は良く、多くのデザインラインナップの中から好きなモデルを選べます。

僕が持っている靴下以外にも格好いい可愛い靴下が沢山あるので、皆さんも是非defeet(ディフィート)でお気に入りのソックスを探してみてください!


-ブログ, 機材

執筆者:

関連記事

止まること、ブレーキの話

ロードバイクを乗る上で大切なブレーキの話をしたいと思います。 速く走る為に練習したり、遠くまで走って景色を見たり、楽しく仲間と走ったりなど様々な目的で自転車を乗っていると思います。 中にはこれから自転 …

JBCF 宇都宮クリテリウム

宇都宮での2戦を終えました。 以下僕の目線からの宇都宮クリテリウム、レースレポートです。 初日は1周2.2kmのコースを23周する50.6kmのクリテリウムでした。短い1周の中のコースで180度ターン …

西日本ロードクラシック広島大会DAY1

8月29日の土曜日に西日本ロードクラシック広島大会DAY1が行われました。 レースは12.3kmのコースを5周する61.5kmの距離でした。 コースの勝負所は周回の残り5kmから始まる3段坂と呼ばれる …

クリート位置を動かして、身体の動きをみてみる

最近クリート位置を色々動かしてどのように身体が動くかを研究しています。 僕はクリートをクランクに対して真っ直ぐつけています。 そして左右対称につけています。 クリートを真っ直ぐつけている理由は、自転車 …

小さいサイズの自転車か大きいサイズの自転車か

ロードバイクを購入する際に自転車のフレームサイズで迷うことがあると思います。 今回はそんな時、僕が思う大きいサイズのフレーム、小さいサイズのフレームのメリット、デメリットについて書いていきたいと思いま …

/*---フッターの固定ページ一覧の削除↓↓-----*/ .footermenust { display: none; } /*---フッターの固定ページ一覧の削除ここまで↑↑-----*/