プロサイクリスト 伊藤雅和

愛三工業レーシング所属 伊藤雅和のブログ

ブログ 自転車ロードレースとは

脚質、「ルーラー」について

投稿日:2020年6月6日 更新日:

自転車ロードレースには「脚質」というものがあります。
脚質とはその人それぞれの得意な走り方、考え方を変えると役割のことをいいます。
オールラウンダー」「スプリンター」「クライマー」「ルーラー」「パンチャー」「TTスペシャリスト
の6つのタイプに分けられます。

「ルーラー」についてフォーカスして書いていきたいと思います。

「ルーラー」とは比較的長い時間高負荷で平坦などを巡航できるタイプの脚質となります。

 

最も地味な脚質?

もしかしたら6つに分けているタイプの中では言い方は悪いかもしれませんが最も地味な脚質になってしまうかもしれません。

しかしトップの「ルーラー」ともなれば能力は物凄い高い選手達です。

言い方を変えれば「ルーラー」の選手は風を長時間受けることが得意な選手ということかもしれません。よって逃げることも得意としている選手達です。

 

ルーラーの選手は大柄

「ルーラー」の選手は大柄な選手が多いです。
小柄な選手の「ルーラー」は僕はあまり聞いたことはないです。
自転車ロードレースの1番の敵は風です。空気抵抗です。
例えば平坦で風が吹いたときどうしても大柄な選手に比べて小柄な選手の方が不利になってしまいます。
体重が重い方が風でふらつかないし、絶対的に出せるパワーが違うからです。
Embed from Getty Images

ルーラーの仕事

上りに入る前や、横風の前、ゴールスプリントの位置取りが始まる頃、ペースを上げて集団の前に行かなければいけない、場所取りをしなければならない時があります。レースを観たことがある方なら分かるかもしれませんが、チームごとに一列に並んで走っていると思います。
このような時に大柄な「ルーラー」の選手の出番になってきます。
エースの為に場所取りをする時は高負荷で一定時間走れる「ルーラー」がいるとチームはとても助かるのです。
良い場所で走れるのと走れないのとでは体力の消耗が違います。
それについてはこの記事で紹介しています→集団前方、後方の話と世界的スプリンターは山が速いという話

 

ルーラーの選手が勝ちを狙うとき

「ルーラー」の選手はアシストにまわることが多いですが、勝ちを狙えるレースもあります。
路面が悪いコースや、1日を通して風が強く風が当たるようなコース、天候が悪い日、あとは逃げでそのままゴールまで逃げきってしまう時です。
大柄な選手が有利な横風のレースなどではそのような選手が勝つこともあるイメージです。
「ルーラー」は、TTスペシャリストでもある「ルーラー」もいます。
Embed from Getty Images

 

ルーラーの恐ろしさを感じたレース

僕が出たことあるツールドスイスで「ルーラー」の選手の威力が恐ろしすぎたエピソードがあります。BMCレーシングというチームのリッチーポート選手がリーダーでリーダーチームはBMCレーシングでした。
第5ステージスタートしてから速いペースで厳しい丘が続いたので、丘を越えて逃げ集団はかなり強い選手達27人で形成されました。
そこから27人の選手に対してBMCレーシングは3人の「ルーラー」の選手だけで集団を引っ張っていました。
このペースが恐ろしく常に少し横風の平坦区間を時速55km程のペースで走っているのです。集団は常に一列です。
途中でモビスターというチームの選手達2.3人も混ざり、集団は時速55km~60kmで常に走行です。80km程の平坦区間をたった6人程、(最初は3人)でそのあり得ない時速ペースで集団を引ききってしまったのです。
その後上りに入ったので「ルーラー」の選手達はゆっくりゴールしていましたが、人間ではないと僕は思いました。その上りも30km程上り続けるコースだったからです。
一列で走ってる時にトレックというチームの選手が、これは集団がずっと速すぎるから絶対にバイクが集団の先頭を引っ張っているんだ!と文句を言っていました。
僕もその文句に激しく同意したくなるようなペースでした。
Embed from Getty Images

画面越しだとその凄さはあまり伝わりませんが僕は世界的ルーラーの恐ろしさを身をもって体験し、激しく尊敬しました。

ロードレースを見る際に「ルーラー」の選手が実は凄いということが分かると、もっと面白くロードレースを観戦できると思います。

-ブログ, 自転車ロードレースとは

執筆者:

関連記事

シマノ9100 C24 ホイール

今年2021年はバイクブランドがFUJI。 コンポーネンツはシマノ。 シューズはシマノ。 ヘルメットはレイザー。 ウエアはビオレーサー。 アイウェアは100%。 ソックスはディフィート。 と様々なメー …

3種類のタイヤの話

タイヤの種類の話をしたいと思います。 現在自転車界には3種類のタイヤが存在していて、その3種類のタイヤそれぞれの走った感覚、メリット、デメリットについて書いていきたいと思います。   クリン …

調子が上がっていない2つのパターン

先日JPROツアー開幕戦が行われました。 僕のコンディションは例年のこの時期に比べてまだ上がっていませんでした。 photo Itaru Mitsui 上がっていない=弱い ですが 必ずしも、上がって …

JBCF 東日本ロードクラシック群馬大会

久しぶりのレースでした。このような情勢の中様々な対策を施して開催されたレースでした。 開催に尽力してくれた方々に感謝してます。 チームとして3日間とも勝利を狙ってスタートしました。 初日は120km。 …

雨の日、実際に着用している服装・アイテム

雨の日に実走しているウェアやアイテムについて紹介して欲しいとコメントを頂いたので、今回は僕が現在、過去にしてきたウェアやアイテムを紹介していこうと思います。   雨を防ぐウェアにはどのような …

/*---フッターの固定ページ一覧の削除↓↓-----*/ .footermenust { display: none; } /*---フッターの固定ページ一覧の削除ここまで↑↑-----*/