プロサイクリスト 伊藤雅和

シエルブルー鹿屋所属 選手兼監督 伊藤雅和のブログ ロードバイクに役立つ情報を発信していきます

ブログ 機材

ハンドル幅を考える 1

投稿日:2020年6月20日 更新日:

ロードバイクは様々なパーツを組み合わせてできています。

何か問題があったり、もっと使いたい物が出てきたら自分で選んで変えることができます。

サドルが身体に合わないだとか、試したいものができたら変えてみたり、クランクが合わなかったり、試したいものが出てきたら変えてみたりできます。

それぞれサドル、クランクについては過去の記事を参考にしてみてください。

サドルについて→サドルを選ぶ

クランクについて→クランクの話

今回はハンドルについて考えてみます。

 

ロードバイクのハンドル

ハンドルはもともとこのような形になっています。

上側にブラケットと呼ばれるパーツをつけて握り、下側も握れます。

ロードレース界では下の画像で定規が当たっている部分を「ブラケット」この上側の緑の丸がついている所を「ウワハン」下側の青の丸がついている所を「シタハン」と呼んでいます。

ハンドルに関して僕はこうしたいということは1つありますが、その他は特にこだわっていることはありません。

僕のイメージではスプリンターの選手の方がハンドルにはこだわりがあると思います。

それはスプリントの時に「下ハン」を持ってスプリントをするからです。

今後スプリンターと呼ばれる選手達にどのようにハンドルを決めているか、どのようなこだわりがあるかなどを聞いて、書いていきたいと思います。

 

僕がハンドル選びで1つだけこだわっていること

僕が1つだけこだわっている所は、ブラケットをつける部分の幅です。

ロードレースでは大半の時間をこのブラケット部分を握って過ごします。なのでここの幅だけは大事にしています。

僕はブラケット幅400mmのものを使っています。

ハンドル幅とは一般的に、下ハンのパイプのセンター・センターのサイズを言います。

メーカーによってはSTI部分の幅がハンドル幅と異なるものがあるので、ハンドルを買うときに上と下との幅の違いはないか、どこの部分の幅がカタログに書いてあるかなどしっかり理解してから買わないと、もし合わなかった場合は損してしまうので注意が必要です。

僕はハンドル幅が上側、このブラケットの中心から中心までが400mm程ないと上手く走れません。

380mmを2年間試してみましたが2年間全く身体に合ってくれませんでした。

ちなみにハンドル幅は狭ければ狭いほど空気抵抗は少なくなります。
なので狭いものを使えれば、使いこなせれば狭い程、空力的な面で考えると良いということになります。
それでもなぜ380mmはダメだったのか、僕には合わなかったのかを次回は書いていきたいと思います→ハンドル幅を考える 2~適正より狭いハンドルを使った場合~

-ブログ, 機材

執筆者:

関連記事

クリート位置を動かして、身体の動きをみてみる

最近クリート位置を色々動かしてどのように身体が動くかを研究しています。   クリートの向き 僕はクリートをクランクに対して真っ直ぐつけています。 そして左右対称につけています。 クリートを真 …

JBCF 東日本ロードクラシック群馬大会

久しぶりのレースでした。このような情勢の中様々な対策を施して開催されたレースでした。 開催に尽力してくれた方々に感謝してます。 チームとして3日間とも勝利を狙ってスタートしました。 初日は120km。 …

プロサイクリストとは

プロサイクリストはどのようにして生計をたてているのか?その「プロ」とは何かを自分なりに考えてみました。 以下は、自分自身の考えであって、これが正しい・間違いだ!など深く考えないで、目を通して下さい。 …

クランクの話

ペダルを付けるクランクというパーツについて書いていきたいと思います。   そもそもクランクとは クランクとはこの箇所のことを言います。 クランクを回すことによって自転車は前に進んでいきます。 …

2020年ありがとうございました

「分かって欲しい人が分かってくれればいいや」 なんの言葉かと言えば、僕はずっとこのように思って競技をしてきました。 今回は年の瀬にブログを始めるきっかけについて書こうと思い書きます。   分 …

/*---フッターの固定ページ一覧の削除↓↓-----*/ .footermenust { display: none; } /*---フッターの固定ページ一覧の削除ここまで↑↑-----*/