プロサイクリスト 伊藤雅和

愛三工業レーシング所属 伊藤雅和のブログ

ブログ 機材

クランクの話

投稿日:2020年4月9日 更新日:

ペダルを付けるクランクというパーツについて書いていきたいと思います。

 

そもそもクランクとは

クランクとはこの箇所のことを言います。

クランクを回すことによって自転車は前に進んでいきます。

 

ロードレースで使われている4つの長さのクランク

様々な長さのクランクがあります。

クランクは長さによって漕いだ感覚が違うので、今日はその長さの違うクランクでそれぞれ漕いだ感覚を僕なりに書いていきたいと思います。

クランクの長さは主に身長や股下で決まってきますが、走り方のタイプでも違ってきます。

今ロードレースで使われているクランクの長さは主に4つの長さがあります。

167.5mm、170.0mm、172.5mm、175mmです。

他にももっと短いのや長いのもありますが、主にロードレーサーが使ってるのは上記した4種類です。

僕は175mmは使ったことないですが、他の3つの長さは試したことがあります。

ちなみに今は170.0mmを使っています。

クランクは一般的に言われているのは長ければ長いほどテコの原理によりパワーが出やすくなるといいます。

しかしその分クランクが1回転するのに大きく動かさなければなりません。クランクが短くなればパワーは出にくくなりますが、1回転するのは簡単になります。

自転車にはギアが付いていて僕のギアは22通りの重さ・ギアを選択できます。

自転車は重いギアを速く回せば回すほど速く進みます。

速く走る為には重いギアを踏まないといけないですし、回転数も上げていかないといけません。

なので単純にいえば重いギアを踏んでいくタイプの人は長いクランクが向いていて、軽いギアを高回転で回していくタイプは短いクランクが向いていることになります。

 

167.5mmを使用していた時の感覚

167.5mmを付けていた時は今日は脚がよく回るなと練習中に感じていて、チームメートと一定ペースで走る分にはいつもより体力を温存できている感覚でした。

その後おもいっきり踏んでみたところ、いつもより速度が出なかったのです。

特にダンシングと呼ばれる立ち漕ぎの時にいつもよりパワーが出なくて、スピードに乗れない感覚でした。

ただしその全力走した時や速度がかなり上がった時以外は楽に走れてる感覚でした。

 

172.5mmを使用していた時の感覚

172.5mmのクランクを付けていた時は全くの逆でした。

チームメートと一定のペースで走ってる時に体力を多く使ってしまっている感覚でした。休みづらいのです。

一定ペースで距離を走ってからの速度が上がってた時もそれまででかなりいつもより疲れているのであまり踏めることはなかったです。

しかし距離を走ってからではなく1分全力、2分全力など短い時間の全力に集中した場合では「ダンシング」でパワーが出るので速かったです。

そして練習後に凄く疲れる感覚がありました。

 

170mmが僕にとって最適

2つの長さのクランクで良いところと悪いところが対になっているので、その真ん中の長さの170.0mmが僕にとって最適なクランクです。

でも167.5mmか172.5mmかどちらかを絶対使わないといけないならば167.5mmを使うと思います。

練習終わった後の疲れ方に凄く差があったからです。

日本のロードレーサーでも長いクランクを使ってパワーが出るようになったという選手も知っていますし、175mmを使っているとても強い選手も知っています。

合うクランクは人それぞれだと思いますが、僕にとってのベストは170.0mmでした。

皆さんもクランクを選ぶ際に参考にしてみてください。

-ブログ, 機材

執筆者:

関連記事

一輪車の話 2~一輪車は何がきついか~

今となってはいい思い出で、俗に言うスパルタ指導を受けてたかもしれません。 後々笑い話になればいいと僕は思っています。 前回の一輪車の記事です→一輪車の話 小学5年生で始めた一輪車 最初は怒られたくない …

JBCF 宇都宮ロードレース

JBCF 宇都宮ロードレースは6.7kmのコースを11周の73.7kmで行われました。 photo by Kanako Takizawa 1周のコース上にはっきり上り坂と呼べる所は2箇所あります。 僕 …

広島森林公園ロードレース Day1

距離は12.3kmのコースを12周する147kmで行われました。 1ヶ月前にも同じこの広島のコースでのレースがあり、その時はスタートして直ぐに逃げが決まり、全く勝負ができなかったので前回の反省を生かし …

ロードバイク、ポジションの話 3~前乗りポジションにする為には~

最近流行り?の前乗りポジションを作るためにはどうしたらいいかを僕なりに考えてみました。 そういう僕はまだこれから書く乗り方が完全にできてはいません。 あとは身長や手足の長さも関係してくるので、手足が長 …

ハンドル幅を考える 2~適正より狭いハンドルを使った場合~

ハンドルは幅、形など数ある中から自分に合うハンドルを見つけていきます。 僕はハンドルを選ぶ際には幅を大事にしています。前回記事→ハンドル幅を考える 1 今回は僕がハンドル幅380mmを2年使って自分に …

/*---フッターの固定ページ一覧の削除↓↓-----*/ .footermenust { display: none; } /*---フッターの固定ページ一覧の削除ここまで↑↑-----*/