プロサイクリスト 伊藤雅和

シエルブルー鹿屋 監督 伊藤雅和のブログ ロードバイクに役立つ情報を発信していきます

ブログ ポジション

プロ選手、メーカーとハンドル幅を調べてみた

投稿日:2020年7月12日 更新日:

以前、ヨーロッパで活躍する選手達のサドル高、サドルの先端からハンドルバーセンターまでの距離、クランクの長さを書きました。

プロ選手の身長、サドル高とハンドルまでの遠さを調べてみた

今回は同じようにハンドル幅を知りたいという意見があったので調べてみました。

今回も僕がネットから調べたものなので、間違っているかもしれませんが、あくまで参考にしてもらうという程度で見てください。

リッチー・ポート選手 172cm

2020年シーズン

Bontrager 400mm

ナイロ・キンタナ選手 167cm

2020年シーズン

Canyon 400mm

ジュリアン・アラフィリップ選手 173cm

2020年シーズン

PRO 400mm

エガン・ベルナル選手 175cm

2020年シーズン

MOST 400mm

ダニエル・マーティン選手 175cm

2020年シーズン

BLACK INC 400mm

セルジオ・イギータ選手 166cm

2020年シーズン

Vision 400mm

カレブ・ユアン選手 165cm

2020年シーズン

Deda 380mm

リゴベルト・ウラン選手 173cm

2020年シーズン

Vision 400mm

アダム・イェーツ選手 172cm

2019年シーズン

Syncros 380mm

プリモシュ・ログリッチ選手 177cm

2019年シーズン

FSA 400mm

クリス・フルーム選手 186cm

2020年シーズン

MOST 380mm

グレッグ・ヴァン・アーヘルマート選手 181cm

2020年シーズン

Giant SLR 400mm

ダリル・インピー選手 183cm

2020年シーズン

Syncros 400mm

ペーター・サガン選手 184cm

2020年シーズン

Specialized S-Works 420mm

アンドレ・グライペル選手 183cm

2020年シーズン

Factor 420mm

ハンドル幅の記事は以前に書いています。

ヨーロッパの選手は僕の言い方が合っているかは分かりませんが、肩が前に入る為、狭いハンドル幅を使えている選手も多いと思います。

クリス・フルーム選手はあの身長、普段のあの肩幅で380mmですから、相当肩が前に入っています。

ここに挙げた選手達の動画を見てみて、乗り方を見ながら上記のハンドル幅も参考にしてみてください!

-ブログ, ポジション

執筆者:

関連記事

脚質、スプリンターについて

自転車ロードレースには「脚質」というものがあります。 脚質とはその人それぞれの得意な走り方、考え方を変えると役割のことをいいます。 「オールラウンダー」「スプリンター」「クライマー」「ルーラー」「パン …

摂取しているサプリメント

鹿屋体育大学を卒業してから選手として歳を重ねて、気づけば33歳。 30歳を過ぎてからは歳を重ねると身体は衰えていくと思っていましたが今のところそのような感覚はなく、むしろ疲労は年々次の日に持ち越さなく …

止まること、ブレーキの話

ロードバイクを乗る上で大切なブレーキの話をしたいと思います。 速く走る為に練習したり、遠くまで走って景色を見たり、楽しく仲間と走ったりなど様々な目的で自転車を乗っていると思います。 中にはこれから自転 …

JBCF群馬での2レースの作戦の違い

先日群馬でJBCF群馬CSCロードレースが行われました。その3週間前には同じように群馬でJBCF東日本ロードクラシック群馬大会が行われました。 今回カメラマンの三井 至さんより面白い写真を頂いたのでこ …

ツアー・オブ・ジャパン 2021

3日間で行われたツアー・オブ・ジャパン(TOJ)2021が終わりました。 昨年から続くウイルスの影響を受ける社会情勢の中、開催をしてくれて選手としてとてもありがたかったです。 大会開催に尽力してくれた …

/*---フッターの固定ページ一覧の削除↓↓-----*/ .footermenust { display: none; } /*---フッターの固定ページ一覧の削除ここまで↑↑-----*/