プロサイクリスト 伊藤雅和

愛三工業レーシング所属 伊藤雅和のブログ

ブログ ポジション 機材

プロ選手、ステムの長さを調べてみた

投稿日:2021年1月11日 更新日:

皆さんはステムどの長さを使っていますか?

自転車のサイズは人それぞれ合うものに乗っていると思います。

ステムの長さも人それぞれですが、自転車のサイズよりステムは手の長さが関係している機材だと思います。

特にここの部分です。

ちなみに僕のステムの長さは100mmを使用しています。

ワールドツアーチームの選手は何mmを使用しているでしょうか。

 

 

175cm以下の選手

リッチー・ポート選手 172cm

Embed from Getty Images

2020年シーズン

Bontrager 100mm

 

ナイロ・キンタナ選手 167cm

Embed from Getty Images

2020年シーズン

Canyon 110mm

 

ジュリアン・アラフィリップ選手 173cm

Embed from Getty Images

2020年シーズン

PRO 100mm

 

エガン・ベルナル選手 175cm

Embed from Getty Images

2020年シーズン

MOST 130mm

 

ダニエル・マーティン選手 175cm

2020年シーズン

BLACK INC 120mm

 

セルジオ・イギータ選手 166cm

2020年シーズン

Vision 120mm

 

カレブ・ユアン選手 165cm

2020年シーズン

Deda 150mm

 

レムコ・イヴェネプール選手 171cm

Embed from Getty Images

2020年シーズン

PRO 110mm

 

リゴベルト・ウラン選手 173cm

2020年シーズン

Vision 120mm

 

アダム・イェーツ選手 172cm

2019年シーズン

Syncros 120mm

 

 

175cm以上の選手達

プリモシュ・ログリッチ選手 177cm

Embed from Getty Images

2019年シーズン

FSA 110mm

 

タデイ・ポガチャル選手 176cm

Embed from Getty Images

2020年シーズン

Deda 120mm

 

クリス・フルーム選手 186cm

2020年シーズン

MOST 130mm

 

グレッグ・ヴァン・アーヘルマート選手 181cm

2020年シーズン

Giant SLR 130mm

 

ダリル・インピー選手 183cm

2020年シーズン

Syncros 140mm

 

ペーター・サガン選手 184cm

Embed from Getty Images

2020年シーズン

Specialized S-Works 150mm

 

アンドレ・グライペル選手 183cm

2020年シーズン

Factor 120mm

 

ヴィンチェンツォ・ニバリ選手 181cm

Embed from Getty Images

2020年シーズン

Bontrager 110mm

 

マキシミリヤン・シャッハマン選手 183cm

2020年シーズン

PRO

110mm

 

 

ステムは適正サイズが1番です。ただ適正を見つけるのも難しいと思います。僕に短いステムか長いステムはどちらが力入りますか?乗りやすいですか?と聞かれたら僕は短いステムと答えます。

ハンドルが遠くにある時よりは近くにある時の方が力を入れやすいからです→ステムを10mm短くしました

-ブログ, ポジション, 機材

執筆者:

関連記事

サドル高を測る

「ポジション」はロードバイクを乗るに当たって物凄く大事なことだと思ってます。 いくら練習してもその人にとって正しい乗り方で乗れていないと速く走るのに多くの力を使わなければなりません。 そこで大事なこと …

暑いときに僕が意外と困っていること

毎日、毎日物凄く暑い日々が続いている夏です。 この暑さだと練習も通常期より負荷を落とさざるおえないくらいの身体への負担になってしまっています。 夏の暑い時に困ることは、練習の負荷を落とさざるおえないこ …

練習中に持っていっている物

練習にどのようなアイテムを持っていっているかを紹介します。 特に変わっていったものは持っていっていないのですが、最近でそれらを持っていって練習中に困ったことはないです。   全部で9つの物を …

「逃げ」とは 1 ~「逃げ」の目的~

ロードレースでよく聞く「逃げ」とはどのようなことかを説明しようと思います。 ロードレースの専門用語ともいえる「逃げ」は奥が深く、頭を使って走るということや監督が常に集団の後ろを車で走っていることの意味 …

健康管理の大きな味方「プロスペック グルタミン」

僕が摂取してるサプリメントの中で最も効果がすぐに分かりやすいサプリメント「プロスペック グルタミン」の紹介です。 コンディションを保つ為に僕が飲んでいるサプリメント、エキストラ アミノアシッドとトレー …

/*---フッターの固定ページ一覧の削除↓↓-----*/ .footermenust { display: none; } /*---フッターの固定ページ一覧の削除ここまで↑↑-----*/