プロサイクリスト 伊藤雅和

愛三工業レーシング所属 伊藤雅和のブログ

ブログ 自転車ロードレースとは

速くなりたい、成績を狙う方に休息のオススメ 2

投稿日:2020年11月30日 更新日:

前回に続き、速くなりたい、このレースで成績を残したいという方に向けて休息のオススメについて書いていきます。

速くなりたい、成績を狙う方に休息のオススメ 1


前回は長い休みを取る大事さについて書きました。

 

レースでよい成績を残す為には頭も使う

身体をレースに向けて、どんどん良い状態にしていくには頭も使います。例えば、この行動がコンディションを落としてしまうかもしれない、練習はどのように組み立てなければいけない、食事はこの量とこれは食べて良いもの、いけないものがある、このくらいの睡眠時間は取りたい、練習時間はこれくらい確保しなければいけないなど、様々なことを考えて実行しなければ良い成績は取れないと思います。

これらを長い時間考えていくと、頭を使い、精神的に疲れていくということが起きます。

 

身体の回復だけでなく精神的なオフが必要

僕はしたことがありませんが、話を聞く限りは仕事をしながら競技に打ち込み、成績を狙う方は時間をつくることにかなりストレスを感じると聞きます。

僕のように選手をしていると、練習時間をつくること、睡眠時間をつくることは難しいことではありません。ただ仕事にしている限りは、このロードレースで良い成績を残さなければいけない、チームに貢献しなければいけないというプレッシャーがかかってきます。

選手としてお金をもらっている以上これらのしなければいけないことは義務になってきます。

走れなければチームメートの選手から今日は何をしていたの?という目で見られることも当たり前にあります。特にイタリアチーム時代はこのようなことがあったので、下手な走りはできないとかなり自分に発破かけながら走っていました。

レースが多ければ多いほどこのプレッシャーの数も多くなってきますので、レースが多い年の方がシーズン終わりに精神的にも疲れています。

そのような年の最後の期間はもはやコンディションも上がってこないことが起きることもあるので、そうなってくると自転車に乗る気も全く起きなくなります。

好きな自転車を見るのも嫌になってくるのです。

この身体も精神も疲れきっている時は本当に休みたいと思います。

今年はレース数も少なく、プレッシャーやストレスがかかることも少なかったので、シーズンが終わった後に自転車に乗りたくないと感じることはなかったです。

 

今年に関しては早くオフが明けて強くなるための練習を早くしたいと思ったくらいでした。

僕の場合、昨年は疲れきっていて9月半ばくらいから練習してもコンディションは下がっていく一方、そこから精神的ストレスもかかり本当に早く休みが来て欲しいと思っていました。

それこそ去年は最終レースが終わってから自転車も見たくないほどでした。実際玄関に自転車を置いているのですが、もう通る度に目を背けるほどでした。

今年はそう思いませんでしたが、例年はシーズン終盤になるともう乗りたくないというところまでいきます。

僕の場合、そのような精神状態でオフに入り、1ヶ月間全く自転車に乗らない、触らないと1か月後に自転車に乗ろう、強くなるぞと思えてきます。

乗らない期間をつくることにより、乗り始めた時の集中力も上がります。

そして乗らない期間をつくると乗り始めた時に自転車がより楽しく感じれます。コンディションが底にあるのでコンディションは上がっていく一方です。

辛い練習でも全く楽しいと思えないとモチベーションは下がってしまいます。

 

オフにすることは人それぞれ

僕はここまで書いてきたことで分かるように、オフには何かイベントなどで乗らなければならないことがない限りは、全く自転車に乗りませんし、触りもしません。

この期間で完全に身体と精神をリセットします。

僕みたいな選手もいれば、オフの期間中にシクロクロスに乗ったり、マウンテンバイクに乗って新たな刺激をいれている選手もいます。

仲間の選手からオフにシクロクロス乗ったら良いのにとか、マウンテンバイクに乗ったら良いのにと勧められたことはありますが、オフに自転車には乗りたくないので断りました。

僕の場合運動としてすることと言えば散歩という名のウォーキングくらいです。

ランニングもしていた年もありましたが、オフは休むことが1番、心臓も休ませてあげたいということから心拍をあげるようなことは一切辞めました。

僕の場合は乗り始めた時にこの方が調子が上がりやすい気がします。より身体がリフレッシュされている感覚があるからです。

ただ休んで身体が弱っても、身体とは不思議なものでまた乗り始めると思っている以上に早く戻ってきます。

この弱い期間を根気強くしっかりこなすことで、シーズン中にコンディションの大きな波がやってきてくれます。

ずっと乗り続けている方は思いきって休んでみるとまた自転車の楽しさに気づけますし、コンディションを上げる楽しさに気づけます。休む勇気がなくこれまで乗り続けてきた方も是非1度休んでみて欲しいです。

ちなみに僕の場合は乗り始めて4ヶ月程で1回絶好調がきます。

-ブログ, 自転車ロードレースとは

執筆者:

関連記事

ロードバイクの話

自転車ロード選手の商売道具にあたるロードバイクの話をしたいと思います。   そもそもロードバイクとは ロードバイクは速く走る為に設計されている自転車です。 写真を見て頂ければ分かる通り、ママ …

広島森林公園ロードレース Day1

距離は12.3kmのコースを12周する147kmで行われました。 1ヶ月前にも同じこの広島のコースでのレースがあり、その時はスタートして直ぐに逃げが決まり、全く勝負ができなかったので前回の反省を生かし …

経済産業大臣旗ロードチャンピオンシップ

Jプロツアー経済産業大臣旗ロードチャンピオンシップが群馬県サイクルスポーツセンターで行われました。 コースは6kmを30周する180kmでした。 コースの勝負所はゴールまで1km程前にある心臓破りと呼 …

一輪車の話 2~一輪車は何がきついか~

今となってはいい思い出で、俗に言うスパルタ指導を受けてたかもしれません。 後々笑い話になればいいと僕は思っています。 前回の一輪車の記事です→一輪車の話 小学5年生で始めた一輪車 最初は怒られたくない …

速くなりたい、成績を狙う方に休息のオススメ 1

イレギュラーな形になってしまった2020年が終わり、1ヶ月のオフを取りました。 最近乗り始めて改めてロードはキツい競技だと思いました。 今年は例年よりかなりレースが少なく、走行距離も少ない年になりまし …

/*---フッターの固定ページ一覧の削除↓↓-----*/ .footermenust { display: none; } /*---フッターの固定ページ一覧の削除ここまで↑↑-----*/