プロサイクリスト 伊藤雅和

愛三工業レーシング所属 伊藤雅和のブログ

トレーニング ブログ

自転車選手の1日

投稿日:2020年3月30日 更新日:

トレーニングの日にどのような1日を過ごしているかを、紹介していきたいと思います。ということで、僕自身の1日の過ごし方を紹介します。

基本レースがないときには自分の家やホテルなどに滞在し、練習をしています。
次のレースまでの期間が長く空いている時に、あまりロードレースを知らない方と話したりすると、次のレースまで休みですか?ゆっくりしてくださいね!など優しい言葉をもらうことがあります。
ゆっくりできたらいいのですが、基本的にはレースが終わったらまた次のレースに向けて準備に取りかからないといけないので、自転車に乗らずに休むことはほぼありません。
僕は、年間通して自転車に全く乗らずに連続して休む日は、シーズン最終戦が終わった次の日から約1ヶ月程しかありません。シーズン最終戦の時期も人によって異なりますし、チームによっても大きく異なります。
例えば、10月の始めで終わる選手もいれば11月まで走る選手もいます。
その際のシーズン最終戦が終わってからまとまった休みを取ることを「オフシーズン」と呼びます。
この「オフシーズン」の過ごし方についても今後書いていきます。

普段の練習は次のレースまでの日数を踏まえて「トレーニングスケジュール」というものを考えて行っていきます。

1日の始まりは朝食を食べることからです。走る距離・トレーニング時間によって炭水化物の量を変えますが、トレーニングなので長くなりそうな練習の日も満腹になるほど多く食べることはないです。それよりも走ってる時にお腹が減らないよう練習中こまめに食べるようにしてます。
全く自転車に乗らない日、1時間から1時間半を自転車でゆっくり走って回復する日「アクティブリカバリー」と呼ばれる日などは朝ごはんをあえて食べない時も多いです。
朝食を食べてトレーニングに出かける準備をします。
僕はトレーニングの前に30分程、身体を起こす為や、自転車で使う筋肉を意識しやすいよう「コアトレーニング」を行います。
毎日午前9時~10時に出発し、その日決められたトレーニングプラン・メニューをこなします。雨が降っていたら出発時間を遅らせたりします。

練習が終わるとすぐに「プロテイン」を飲みます。
僕が摂取している「サプリメント」も今後紹介します。
その後昼食を食べます。昼食は終わった時間をみて夕食が近かったらあまり食べませんし、時間があるならしっかり1食分食べます。

夕食までの時間は自由になりますので、身体を休める為に休んだり、外に出て用事を済ませたりなど日によって過ごし方は全然違います。

僕は毎日夕食を18時~20時くらいにとるのですがその前1時間くらい「コアトレーニング」を行います。この「コアトレーニング」も色々試しました。僕が行うのは体幹部分を鍛えるものですが、今行っているのはそこまで厳しいものではありません。厳しすぎて週に何回か行うより毎日続けることを重視してます。
トレーニングが終わる時間が遅かったり厳しかった日などは夕食後に「コアトレーニング」を行います。
夕食はバランス良く満腹に少しならないくらい食べます。

夕食後は今日やったトレーニングをデータに入力し振り返ります。
ここで今の自分はどれくらい調子が上がってきているか、今日の身体はこういう風に動いたなだとか、今日はこれくらい疲労したなど、自転車と向き合う時間をつくっています。

その後身体のセルフケアに入ります。僕はストレッチは一切せずに「スキンストレッチドルフィン」と呼ばれている道具で全身をほぐしています。
ストレッチや他の道具など色々試しましたが
これが毎日続けられて、効果も感じられて、僕にとっては簡単なのでこのケアの仕方に落ち着きました。
その後就寝です。
寝る時間も大体7~8時間がとれるように気をつけています。

当たり前の1日で特に面白みもないような1日ですが、毎日変わらないことをコツコツと継続して行うことが準備として大切だと思っています。

今後も選手としての意識をしっかりもって1日1日を積み上げていきたいと思います。

何か1つでも試してみたいと思うことはあったでしょうか?

今日も最後まで読んで頂きありがとうございました。

-トレーニング, ブログ

執筆者:

関連記事

3種類のタイヤの話

タイヤの種類の話をしたいと思います。 現在自転車界には3種類のタイヤが存在していて、その3種類のタイヤそれぞれの走った感覚、メリット、デメリットについて書いていきたいと思います。 まず初めは、「クリン …

夏場の練習で気をつけていること

暑い日が続いています。 僕が暑い日の練習で気をつけていることを書いていきたいと思います。 以前暑い日の水分補給について書きましたが今回は練習について書いていきたいと思います。 ちなみに僕のチームメート …

「逃げ」とは 3 ~僕が経験した「逃げ」のエピソード~

自転車ロードレースにおける「逃げ」とは複雑なもので、僕も高校生の頃などは全く理解できてなかったです。 チームとして走るようになった大学時代、選手になってから徐々に理解できたものでした。 複雑なので数回 …

広島森林公園ロードレース Day2

コースは12.3kmのコースを6周する73.8kmで行われました。 今日のレースは距離が短いので、最初から最後まで速いだろうとまたスタート20分前に並びました。 photo Itaru Mitsui …

ディスクブレーキロードバイクの止まることに関して ~命拾いしたエピソード~

梅雨の時期、雨が続きます。 晴れていると思っても途中で雨が降ったり、ここは雨が降らなそうな時間だと練習に出掛けたら途中で降りだしたりと、天気を完全に読むことはできません。 僕も雨の中の練習が多くなって …

/*---フッターの固定ページ一覧の削除↓↓-----*/ .footermenust { display: none; } /*---フッターの固定ページ一覧の削除ここまで↑↑-----*/