プロサイクリスト 伊藤雅和

愛三工業レーシング所属 伊藤雅和のブログ

ブログ 機材

シマノサドル、ターニックスを使用してみた

投稿日:

僕は以前にも書きましたが、シマノのファルコンというサドルを使っています。

しかし最近ターニックスというサドルを試してみたのでその感想を書いていきたいと思います。

まず愛三工業レーシングチーム株式会社シマノ様から供給を受けていますので、コンポーネントと呼ばれるパーツ品、ホイール、シューズはシマノのアイテムを使っています。

ターニックスはこのように横から見ると座面が波打っているモデルです。

僕が現在使っているモデルはファルコンですが、ファルコンの座面はこのようにフラットになっています。

僕は2011年~2016年、そして現在2020年と愛三工業レーシングチームに所属しています。
2012年と2013年に愛三工業レーシングチームチームはスペシャライズド社のバイクとサドル、そして選手によってはシューズを使用していました。
2012年の始めにサドルを選ぶ際、トゥーぺという名前の座面がフラットなサドルと、ローミンという名前の座面が波打っているサドルを試してみました。
トゥーぺはシマノでいうファルコン、ローミンはシマノでいうターニックスです。

この時2つを試した結果トゥーぺにしました。
スペシャライズドのフィッティングの方にもトゥーぺをおすすめされました。
僕自身も使用して大変気に入ったサドルでした。

そのような経緯もあり、今年シマノのサドルを選ぶ際も座面がフラットなファルコンを選び、今も満足して使っています。

それでも最近ターニックスを試す機会があり、2週間程使ってみたところ、これはこれで良いサドルだと感じ、今後どっちを使おうか正直迷いました。

ファルコンの良いところは以前の記事に書いてありますので目を通してみてください→サドルを選ぶ~シマノ ファルコン~

ターニックスのどのような点が良いか、それはまずは座面が波打っていますので座る場所が固定されやすい所です。
これは誰もが感じることができるこのサドルの良い所だと思います。
僕もこのようなサドルを使うのが久しぶりだったので、ここまで上体が固定されると確かに楽だなと思いました。

そして次に僕が良いと思った点は、どこに座ってもある程度同じようなポジションで踏めると思った所です。
まずこの話をする上で、サドル高を測る時はサドルの約真ん中で数値を測っているということを理解してもらえると分かりやすいと思います→サドル高を測る

僕はサドルの前方や後方にと、座る場所を変えて、全身の筋肉で使う箇所を変えながら走っています。
この時サドルの座面がフラットで、前に座るとサドル高が低くなり、後ろに座るとサドル高が高くなります。
なぜなら前に座るとクランクに近くなり、後ろに座るとクランクから遠くなるからです。
この時にサドルが波打っているとどうなるか、座る箇所が前にいった時にもサドルが上に波打って高くなっていますのでクランクとは近くならない、座る箇所が後ろにいった時にはサドルが下に波打っていますのでクランクから遠さもあまり変わらないとなるわけです。
もちろん実際に数値を測ると変わると思いますが、乗っている限りではそのように感じることができました。
サドルの真ん中で測って出した、サドル高がどこに座っていてもある程度再現できてしまう点が良い所なのではないかと思いました。

僕はこれが昔は嫌で、このように波打っているサドルを使うのを止めました。
しかし僕の身体は現在、2度の大腿骨骨折を得て、正直自由度が高くない身体に変わっています。
2012年、2013年はまだ骨折していなく身体の自由度も高かったです。
現在僕の身体のどこに自由度が少ないと言いますと、左足の大腿部の外側です(左足、太ももの外側)
1回目左足の大腿骨を折った時に筋肉を10cm程切り、そこの筋肉がいまだに上手く使えません。
ケガについて、ケガをしてからどのように筋肉を補ってきたかなど今後また書いてみたいと思っています。

1つ目の骨折があり、そこからポジションにも拘るようになりました。
そしてポジションに拘る選手にとっては、どこに座ってもある程度同じような値で踏めるこのサドルは良いサドルなのではないかと今回感じました。

プロ(PRO) ターニックス AF サドル 142mm

双方のサドルに良い点があると思いますので、自分にとって良いサドルを見つける際にこの記事が役にたってくれれば嬉しいです。

ターニックスも良いサドルでしたが、僕はまだひとまずファルコンを使っていきたいと思っています。

プロ(PRO) ファルコン AF サドル 142mm

-ブログ, 機材

執筆者:

関連記事

ビンディングペダルとビンディングシューズ

自転車ロードレースで使うビンディングペダルとビンディングシューズの話をしたいと思います。 ロードレーサーは自転車を漕ぐ時に自転車と身体が離れないように足元のペダルにビンディングペダルというパーツを使っ …

脚質、クライマーについて

自転車ロードレースには「脚質」というものがあります。 脚質とはその人それぞれの得意な走り方、考え方を変えると役割のことをいいます。 「オールラウンダー」「スプリンター」「クライマー」「ルーラー」「パン …

大分いこいの道クリテリウム、大分サイクルロードレース

Jプロツアー おおいた いこいの道クリテリウム、おおいたサイクルロードレースを走ってきました。 僕の目線から見たレースレポートです。 10月3日に、おおいた いこいの道クリテリウム。 10月4日に、お …

小さいサイズの自転車か大きいサイズの自転車か

ロードバイクを購入する際に自転車のフレームサイズで迷うことがあると思います。 今回はそんな時、僕が思う大きいサイズのフレーム、小さいサイズのフレームのメリット、デメリットについて書いていきたいと思いま …

輪行はどのように行っているのか

ロードバイクに乗っていて、レースや合宿に行く為に飛行機を使う時には自転車も持っていかないといけません。 その際、輪行と呼ばれるパッキングをします。 まず輪行をする前に必ず自転車を洗います。 これは汚い …

/*---フッターの固定ページ一覧の削除↓↓-----*/ .footermenust { display: none; } /*---フッターの固定ページ一覧の削除ここまで↑↑-----*/