プロサイクリスト 伊藤雅和

愛三工業レーシング所属 伊藤雅和のブログ

ブログ ポジション

プロ選手、メーカーとハンドル幅を調べてみた

投稿日:

以前、ヨーロッパで活躍する選手達のサドル高、サドルの先端からハンドルバーセンターまでの距離、クランクの長さを書きました。

プロ選手の身長、サドル高とハンドルまでの遠さを調べてみた

今回は同じようにハンドル幅を知りたいという意見があったので調べてみました。

今回も僕がネットから調べたものなので、間違っているかもしれませんが、あくまで参考にしてもらうという程度で見てください。

リッチー・ポート選手 172cm 2020年シーズン

Bontrager 400mm

ナイロ・キンタナ選手 167cm 2020年シーズン

Canyon 400mm

ジュリアン・アラフィリップ選手 173cm 2020年シーズン

PRO 400mm


エガン・ベルナル選手 175cm 2020年シーズン

MOST 400mm

ダニエル・マーティン選手 175cm 2020年シーズン

BLACK INC 400mm

セルジオ・イギータ選手 166cm 2020年シーズン

Vision 400mm



カレブ・ユアン選手 165cm 2020年シーズン

Deda 380mm

リゴベルト・ウラン選手 173cm 2020年シーズン

Vision 400mm

アダム・イェーツ選手 172cm 2019年シーズン

Syncros 380mm


プリモシュ・ログリッチ選手 177cm 2019年シーズン

FSA 400mm

クリス・フルーム選手 186cm 2020年シーズン

MOST 380mm

グレッグ・ヴァン・アーヘルマート選手 181cm 2020年シーズン

Giant SLR 400mm



ダリル・インピー選手 183cm 2020年シーズン

Syncros 400mm

ペーター・サガン選手 184cm 2020年シーズン

Specialized S-Works 420mm

アンドレ・グライペル選手 183cm 2020年シーズン

Factor 420mm

ハンドル幅の記事は以前に書いています。

ヨーロッパの選手は僕の言い方が合っているかは分かりませんが、肩が前に入る為、狭いハンドル幅を使えている選手も多いと思います。

クリス・フルーム選手はあの身長、普段のあの肩幅で380mmですから、相当肩が前に入っています。

ここに挙げた選手達の動画を見てみて、乗り方を見ながら上記のハンドル幅も参考にしてみてください!


-ブログ, ポジション

執筆者:

関連記事

プロサイクリストとは

プロサイクリストはどのようにして生計をたてているのか?その「プロ」とは何かを自分なりに考えてみました。 以下は、自分自身の考えであって、これが正しい・間違いだ!など深く考えないで、目を通して下さい。 …

シマノサドル、ターニックスを使用してみた

僕は以前にも書きましたが、シマノのファルコンというサドルを使っています。 しかし最近ターニックスというサドルを試してみたのでその感想を書いていきたいと思います。 まず愛三工業レーシングチームは株式会社 …

タイヤ交換した距離(CONTINENTAL)

愛三工業レーシングチームが使用しているタイヤはCONTINENTAL(コンチネンタル)というメーカーのタイヤです。 ミズタニ自転車株式会社様よりCONTINENTALを供給してもらい使用しています。 …

ステムを10mm短くしました

タイトルからも分かるようにステムを10mm短くしました。 今年僕たち愛三工業レーシングチームはデローザのメラクに乗っています。 ちなみに僕は昨年までの3年間、デローザのプロトスというロードバイクに乗っ …

ロードバイク、暑い日の練習での水分補給

最近夏の暑さがどんどん増しており、外での練習は過酷になっていく一方です。 夏の練習で最も大事な水分補給について書いていきたいと思います。 まず僕はボトルは容量が大きいものを選んで使っています。 僕が使 …

/*---フッターの固定ページ一覧の削除↓↓-----*/ .footermenust { display: none; } /*---フッターの固定ページ一覧の削除ここまで↑↑-----*/