プロサイクリスト 伊藤雅和

愛三工業レーシング所属 伊藤雅和のブログ

ブログ ポジション

プロ選手、メーカーとハンドル幅を調べてみた

投稿日:2020年7月12日 更新日:

以前、ヨーロッパで活躍する選手達のサドル高、サドルの先端からハンドルバーセンターまでの距離、クランクの長さを書きました。

プロ選手の身長、サドル高とハンドルまでの遠さを調べてみた

今回は同じようにハンドル幅を知りたいという意見があったので調べてみました。

今回も僕がネットから調べたものなので、間違っているかもしれませんが、あくまで参考にしてもらうという程度で見てください。

リッチー・ポート選手 172cm

2020年シーズン

Bontrager 400mm

ナイロ・キンタナ選手 167cm

2020年シーズン

Canyon 400mm

ジュリアン・アラフィリップ選手 173cm

2020年シーズン

PRO 400mm

エガン・ベルナル選手 175cm

2020年シーズン

MOST 400mm

ダニエル・マーティン選手 175cm

2020年シーズン

BLACK INC 400mm

セルジオ・イギータ選手 166cm

2020年シーズン

Vision 400mm

カレブ・ユアン選手 165cm

2020年シーズン

Deda 380mm

リゴベルト・ウラン選手 173cm

2020年シーズン

Vision 400mm

アダム・イェーツ選手 172cm

2019年シーズン

Syncros 380mm

プリモシュ・ログリッチ選手 177cm

2019年シーズン

FSA 400mm

クリス・フルーム選手 186cm

2020年シーズン

MOST 380mm

グレッグ・ヴァン・アーヘルマート選手 181cm

2020年シーズン

Giant SLR 400mm

ダリル・インピー選手 183cm

2020年シーズン

Syncros 400mm

ペーター・サガン選手 184cm

2020年シーズン

Specialized S-Works 420mm

アンドレ・グライペル選手 183cm

2020年シーズン

Factor 420mm

ハンドル幅の記事は以前に書いています。

ヨーロッパの選手は僕の言い方が合っているかは分かりませんが、肩が前に入る為、狭いハンドル幅を使えている選手も多いと思います。

クリス・フルーム選手はあの身長、普段のあの肩幅で380mmですから、相当肩が前に入っています。

ここに挙げた選手達の動画を見てみて、乗り方を見ながら上記のハンドル幅も参考にしてみてください!

-ブログ, ポジション

執筆者:

関連記事

自転車選手の1日

トレーニングの日にどのような1日を過ごしているかを、紹介していきたいと思います。ということで、僕自身の1日の過ごし方を紹介します。   レースがなく練習している時 基本レースがないときには自 …

練習中に持っていっている物

練習にどのようなアイテムを持っていっているかを紹介します。 特に変わっていったものは持っていっていないのですが、最近でそれらを持っていって練習中に困ったことはないです。   全部で9つの物を …

タイヤ交換した距離(CONTINENTAL)~後輪~

愛三工業レーシングチームが使用しているタイヤはCONTINENTAL(コンチネンタル)というメーカーのタイヤです。 ミズタニ自転車株式会社様よりCONTINENTALを供給してもらい使用しています。 …

エガン・ベルナル選手の失速とタデイ・ポガチャル選手の好調について考える

ツール・ド・フランス第15ステージで昨年度優勝者のエガン・ベルナル選手が失速し、タデイ・ポガチャル選手がステージ優勝しました。   エガン・ベルナル選手の失速 エガン・ベルナル選手が遅れるこ …

フレームサイズで面白いと思った話

前回のブログでフレームサイズは大きいサイズのメリット、デメリット、小さいサイズのメリット、デメリットについて書きました。 →小さいサイズの自転車か大きいサイズの自転車か 今回はそのフレームサイズのこと …

/*---フッターの固定ページ一覧の削除↓↓-----*/ .footermenust { display: none; } /*---フッターの固定ページ一覧の削除ここまで↑↑-----*/